趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。目標は月1海外旅行。

車(レンタカー)でボービントン戦車博物館へ いざ大英帝国へ・4日目

  今日からはロンドンを離れ、レンタカーにて観光を開始する予定です。わりと慌てて予約した事もあり近い事務所がどこかわからなかったので、1番わかりやすいヒースロー空港で借りることにしてありました。ホテルからなら3,40分で着けるので朝一で借りれば昼頃には到着できるだろうという計算です。

 ところがよく考えたらヒースロー空港と言っても広くて、どこで借りれるかまでは調べてなかった。そもそもヒースローはターミナルが1から5まである。地下鉄に乗ってからどうしたものかと考えたけど、どのターミナルからでもきっと行けるはずなのでとりあえずターミナル2で降りてみる。そこからは看板を頼りに移動してみるわけですが、どうやらレンタカーの事務所まではシャトルバスが出ているらしい。今回はHertzレンタカーで借りたのですが、バス停がこれまた広くてどこに来るのかがわからない。うろうろ探していると8番に来るっぽいことが書いてある。後で調べて分かったのですが、ターミナルによってバス停の番号は違うのでしっかりと調べてからいくのがいいと思います。

 

f:id:haseger:20190721042020j:image

 しばらく待つと黄色Hertzのレンタカーが到着。15分くらい待ったので不安で他のターミナルへ行こうかと思い始めてたところだったので一安心。5分ちょっと揺られて事務所まで向かいます。

f:id:haseger:20190721042037j:image

 事務所に入るとまずは予約番号を機械に入力して順番を待ちます。自分の前に10組以上いたので15分くらい待ったところで番号をアナウンスされました。パスポートとクレジットカード、国際免許を用意して受付開始です。最初にデポジットを円建てにするかポンド建てにするか聞かれ(ポンドの方がお得です)、オプションの確認などで10分くらい。結構英語力がいるのでビビりました。ナビゲーションは頼んであったのですがポータブルというのはようはGPS付きのケータイみたいなかんじ。使い方を説明しようとしてくれたところで電池が切れてシャットダウン。郵便番号入れれば使えるから後で車で充電して、と言われて納得したのですがこれが間違いで後に大変な目にあいます。あとはガソリンは普通満タン返しなわけですが、空で返すというオプションを提案されたのでこれをお断り。ちなみにほぼ空で満タンにしたら£70くらいでしたが、このオプションは£100以上しましたからよっぽど面倒でなければつけないほうがいいです。どちらにせよ一旦はデポジットを取られますが。

 受付が終わったら駐車番号の書かれた紙を渡されるので一人で車まで行って乗り込みます。鍵は既に車にはいっているとのこと。

f:id:haseger:20190721164100j:plain

コルサってトヨタ車?でもトヨタのエンブレムは見当たらない

  今回はマニュアル車を頼んであった訳ですが(安いので)、思っていたよりも新しい車で一安心。マニュアルを運転するのは15年ぶりくらいなので若干不安でしたが、意外と身体が覚えているものでエンストもせずに出発できました。そして肝心のナビですがなかなか充電ができず起動しないのでとりあえず出発することに。これが失敗の基でした・・・。

 

f:id:haseger:20190721080958j:plain

iphoneをUSBでつなげるとオーディオがちゃんと日本語表示されるのがうれしい

 とりあえず近隣のマップを見るとM4(高速道路の番号)に乗るのがいいっぽい。あとはサービスエリアでナビをセッティングしようと思っていました。3,40分ほど走って最初のサービスエリアに到着。この日は朝早く出発したのでホテルの朝食がまだやっておらずお腹もすいていましたから食事を摂る事に。バーガーキングがあったので注文したのですが、これが店員に頼む形式ではなく手前にあるタッチパネルでオーダーする形式で支払いはカードのみっぽい。とりあえず適当にオーダーしてクレジットカードを通したのですが、普通だったら何かレシートが出てくると思いきや何も出てこない。これが英国式なのか、とおもってふと横の別のお客さんを見たらちゃんと番号の書かれた紙を持っているではありませんか(;・∀・)。自分のオーダーの仕方がまずかったのかと思って再度注文。ところがやっぱり紙などどこからも出てこない。どうやら紙がきれているようだと気が付いたのですが後の祭り。案の定オーダーが2回通っていて品物が2回でてくることに。もちろん料金も2倍…。

f:id:haseger:20190721080749j:plain

2人前も食べれねーよ…

  食事が終わった後はナビのセッティングをしようとしたのですがこれがどうやってもうまくいかない。ようやく電源も入るようになったのはいいけれど郵便番号をどれだけ試しても全くヒットしない。なら地名はどうかと試してもこれもダメ。GPSは反応しているものの地図に道路が反映されていないので使い物にならない。30分くらい悪戦苦闘しましたが、結論として使い物にならないと判断。車載GPSならともかくポータブルのナビを借りるくらいならSIMカード買ってGoogleマップ使う方がよっぽど良さそうです(今回はSIMカードが使えなかったので借りたのですが)。仕方ないのでアナログ作戦に変更。こんなこともあろうかとサービスエリアに寄ったのですが、探したらありましたロードマップ。イギリス南西部のものを購入(約£6)して目的地のボービントン戦車博物館を探します。だいたいの位置はわかるのですが地図ではみつけるのに一苦労。無事「Tank Museum」の文字を発見します。およその道筋を把握した後に出発。

f:id:haseger:20190721080810j:plain

今回の旅で大活躍。これが無かったら無事帰れなかった

 距離としては100マイル少々なので2時間か、まあ3時間みればよいかと思っていたがなかなかそう簡単にはいかない。途中で道を間違えたりして4時間近くかかってようやく到着。

f:id:haseger:20190721080848j:image

f:id:haseger:20190721082030j:plain

敷地が広く建物もいくつかあってどれが博物館なのかわかりづらい

 入口で入館料(£17)を払って早速入場。第二次世界大戦の戦車の中でイギリスはもちろん鹵獲したドイツの戦車を中心として展示されており、戦車マニアな自分は大興奮。さすが世界最大のコレクションと言われるだけのことはあります。時期によっては走行するところをみられるとの事なのでいつかチャンスがあったらまた訪れたいものです。

f:id:haseger:20190722063951j:plain

やはりケーニッヒティーガーの重厚さは神々しい

f:id:haseger:20190722064107j:plain

現存するティーガーⅠの中で唯一稼働可能な車両

f:id:haseger:20190722064232j:plain

4号H型の他にもガルパンファン垂涎の戦車がズラリ

 戦車博物館を堪能した後は世界遺産の街バース(Bath)へ。古代ローマより続くこの街は英国唯一の天然温泉が湧き、お風呂(bath)の由来となった場所。温泉好きにとっては聖地のような場所です。ボービントンからは車で2時間といったところ。

 バースまではそれほど苦労せずにたどり着いたものの、駐車場を探すのに一苦労。一日中運転していた疲れもあってか夕方から観光に出る元気がなくこの日は外観だけみて撤収。

f:id:haseger:20190721082704j:plain

世界遺産・バースのローマ式浴場の看板