趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。渡航歴は約40か国。目標は月1海外旅行。

【映画】『打上花火、下から見るか?横からみるか?』感想(ネタバレなし)

f:id:haseger:20181002195747j:plain

おススメ度★★★

 美しい映像で繰り広げられる青春劇がとても爽やかで楽しめました。新房監督、渡辺明夫さんキャラデザでシャフト製作となれば当然物語シリーズが思い浮かぶわけですが、然もありなんヒロインの及川なずながルックスも性格も戦場ヶ原ひたぎ千石撫子を足して2で割ったような感じがして仕方ない。ツンドラなガハラさん大好きな自分にしてみればこのキャラデザの時点でもうすでに負けを認めるしかありません。そしてこの天然小悪魔のようなヒロインを演じる広瀬すずさんの演技も見事だったと思います。あんな誘い方をされたら童貞学生はもちろんの事並の男はメロメロでしょう。男性目線で主人公に感情移入してヒロインに魅力を感じる事ができる人はかなり面白く感じる映画ではないでしょうか。逆に女性からすると素直になずなに感情移入してみるよりはあざといなーと客観視して見てしまう方の方が多いんではないでしょうか。
 DAOKO×米津玄師さんの主題歌『打上花火』も映画にマッチしたとても素敵な曲です。数多の名作と言われる映画に名曲が寄り添うようにこの映画と主題歌は共存しているように思います。
 概ね全般的にはこの映画に肯定的ですが、最終的なストーリーの結末はあまり好きなものではありませんでした。雰囲気はとても良いのですが脚本としてはもう少しそれまでのストーリーを活かしたものにして欲しかったなという感じ。
 公開時期が『君の名は。』の直後であったためにシチュエーションが重なる部分の多いこの映画に同じような期待を持って観た人たちの中には失望した方もいるようです。幸か不幸かそういった期待を浴びてしまった訳ですが、全然別物として観てみればそこまで酷評されるような内容ではないと思います。

www.youtube.com

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村