趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。渡航歴は約40か国。目標は月1海外旅行。

世界を旅しながら自由気ままに生きてみる

 数年前に始まったニート生活もさすがに貯金がつきかけてようやく仕事を再開する気になりました。どんだけ重い腰なんだか。とはいえいわゆるサラリーマンはなるべくなら避けたいところ。よっぽどの大金を積まれるならいざしらず、やはり自由は簡単には金で買えないのです。この金と自由のバランスは実に難しい。自由だけなら簡単に手に入るのだけれど、そこに生活の糧となる金を混ぜ合わせるとなると困難を極めます。かといって金を手に入れるために自由を失ったのでは本末転倒と言えなくもない。生きることが最重要課題だとすればそれでもいいんだけれど人は時として違う答えを選んできた事は周知の事実でしょう。三島も太宰も自ら命を絶っていますし、乃木大将は明治天皇に殉じました。彼らにとっては生きることが最優先では無かったわけで、それよりも大切な何かのために命をなげうったわけです。それが何かはともかく時として人は生きることを最優先とはしないという事です。私がそこまで高尚な存在ではないことは自覚していますが、全くもって異端な存在でもないという点に軽い安堵を覚える事が凡愚な証なのかもしれません。

 

 さて、そんなわけでやりたい事をやってみるというのが自分にとっては大切なのではなかろうかと思いました。生活の糧としてある程度時間を切り売りして働きますが、もっぱら自由な時間は好きなことをして過ごそうかと思います。世界を旅して歩き、アニメやゲームにうつつを抜かす。客観的に下らない人生だとも思いますが、それでも自分が好きなんだからいいかな、と。