趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。目標は月1海外旅行。

潜伏キリシタン世界遺産の出津(しつ)集落はひっそりと

島原の乱で知られるキリシタンの多かった長崎ですが、その後も激しい弾圧にあいました。それにも負けずに信者たちが暮らしていた出津(しつ)集落が世界遺産となっています。その集落の中心に建つのが明治になってからこの地にやってきたフランス人のド・ロ…

九州ラーメン総選挙1位の謳い文句が気になる『暖暮』の実力はいかに!?

FBS福岡放送(日本テレビ系列)が毎年行っているらしい「九州ラーメン総選挙」。現地の人間ではないので詳しくはわかりませんが、それでもやはり1位というのは気になる。 ラーメンは基本細麺が好きなので博多ラーメンは大好きなのです。逆に最近流行りの家系…

ついに届きました!JALのサファイアカード

ブルーのカードが眩しい 昨年決意して今年1年お金と時間をかけて目標としたJALの上級会員であるサファイアのカードがようやく届きました。これでチェックインの長蛇の列からも解放されます。しかしこうなってくるとやはり欲が出るものでJGCプレミアムやダイ…

【小説】『危険なビーナス』感想 惚れっぽい主人公が挑むナゾに絡む美女・東野ワールドの熟成した魅力満載

ヒロインが実に魅力的でした おススメ度★★★★ 初版2016年8月発行・東野圭吾氏の『危険なビーナス』 文庫本が発売されました。主役は30代の獣医さん。ガリレオこと湯川博士といい加賀刑事といいだいたい東野作品の主役というとこの年代の男性が多いですね。さ…

小泉進次郎氏・入閣の意味するところは?

まだまだ若い小泉進次郎氏の入閣が意味するところとは、安部首相が自民党への求心力をまだまだ欲しているという事ではないでしょうかね。小泉氏は自民党内の派閥に所属しておらずまた先の総裁選でも安倍首相と対立した石破氏に投票しています。そんな彼を入…

【映画】『クリード 炎の宿敵』感想 ロッキーファンに贈る・アツいアイツが帰ってきた!

おススメ度★★★ 当時はソ連のイワン・ドラゴが登場するロッキー4・炎の友情はロッキーシリーズの中でもとりわけ人気が高かったように思う。当時はまだ冷戦真っただ中。資本主義と共産主義というイデオロギーが対立する時代にあって、ロッキーとドラゴの対決…

【映画】『モーガン夫人の秘密(原題:The aftermath)』感想 戦後ドイツの被占領時代の雰囲気がよく描かれている

おススメ度★★ 日本では劇場公開されませんでしたがDVDが発売となります。原題のAftermathは直訳すると戦争の余波とかっていう意味らしいですが、それよりは邦題もわるくないかもしれません。舞台は第二次世界大戦直後の西ドイツ・ハンブルク。イギリス人士官…

Civ6のススメ48 2019年9月アップデート発表!沿岸都市&大提督の増強がメイン

Civ6ファンの皆様こんにちは。以前にも強化された沿岸都市ですが、やはりまだまだ出力不足だと思っていましたところにアップデートでの底上げが発表されましたね。Civ6で重要なのは食料よりもハンマーだと思いますが、沿岸都市はそのハンマーが出ないのがな…

【映画】『コードブルー』感想 大ヒットの医療ドラマのその後を描いた感動作品

おススメ度★★★ 元々は10年くらい前のフジTVのドラマです。それなりに人気があったようで、その後も何度か続編が作られていました。この映画はどちらかといえばその後日譚のような位置づけなので、ファンは十分に楽しめると思います。 逆に私はドラマを見てお…

【映画】『シャザム』感想 新鮮な感覚のヒーローモノ

おススメ度★ どこかの探偵アニメをパクったようなキャッチコピーですが、そのギャップを活かしたユーモラスな作品です。「デッドプール」もそうですが、飽和状態にあるステレオタイプのヒーローものに対するギャグ路線は理解できます。目新しさはあるのでと…

ついに解脱完了・JALグローバルクラブ・サファイア達成!

予定通りラスベガスの往復でJALグローバルクラブ(JGC)の上級会員であるサファイア基準である50,000FOPを獲得できました。ところが50,000を超えてもすぐにはサファイアにはならない模様。 FOPは50,000を超えてるがクリスタルのまま システム上の問題がある…

愛知県にも美しい海があった!伊良湖岬は絶景のおでかけポイント

お出かけおススメ度 カップル★★★★★ ファミリー★★★★ おっさんひとり★★★ 47都道府県で最大の工業製品輸出を誇る愛知県にこんな絶景があったとは。自動車で溢れ返る名古屋港の海は美しさが微塵も感じられませんが、同じ愛知県にある渥美半島伊良湖岬まで足を延…

帰国便で気を付けるべきこと 【ベガス巡礼・8日目】

ロサンゼルス国際空港発成田空港行きのアメリカン航空AA169便は滑走路の手前で引き返し機材チェックをする事になってしまいました。最悪機材が変更になってしまうかと思いましたが、なんとかそのまま飛ぶ事に。しかしその間に映画1本観終わるくらいの時間が…

ラスベガス・ストリップBJルールとカジノ収支【ベガス巡礼・7日目】

ラスベガスのBJはいまやソフト17ヒットは定番となってしまいました。ハウスルールとなるのはスプリットやサレンダーに関するものです。Parisの場合はサレンダー有、Aのリスプリット無しというものです。ただAに対してもサレンダーできるのでその点はいいのか…

Caesars Rewardsのススメ アプリ登録などの注意点【ベガス巡礼・6日目】

昨晩大敗してカジノは打ち止めと相成りました。軍資金は$3,000と決めてあったので多少の誤差はあるもののこれ以上の追加はしません。もちろん悔しさ満開で負けを取り返したくて仕方ないのですが、カジノでいつまでも楽しく遊ぶコツは毎日予定額以上を絶対に…

恐怖の体験!絶叫マシン好きにおススメのアトラクション!?【ベガス巡礼・5日目】

24時間ビュッフェ食べ放題のBOBが続いているので朝食はParisの「Le Village」へ。さすがに毎食ビュッフェだとお腹もいっぱいな気がしてしまいますが、そこは貧乏性なので頑張って出かけます(;・∀・)。「Le Village」はラスベガスのビュッフェの中でもランキ…

BOBことBuffet of Buffetに挑戦!同じ喰うなら入らにゃ損損Caesars Rewards【ベガス巡礼・4日目】

夜中に起き出してプレイした$min25のブラックジャックは+$52といったりきたりで終了。日が昇る前に撤収して寝床につきます。昼前に起きてブランチを摂りに出かける事になりました。 ラスベガスにはホテルがたくさんありますが、そのうちの2大グループがMGM…

Parisのプールのおススメタイムと実銃射撃のおススメ 【ベガス巡礼・3日目】

この日も朝6時前に起床と早起きでとりあえず朝食を摂る事に。夜が本番のベガスでは早朝にオープンしている店は少なく30分ほど歩きまわって結局Parisホテル内にある「MonAmi」で。 卵3個のEGG THREEなるものを注文。$15くらいだったかな?卵2個でも多いくらい…

ラスベガスWynnのデザート天国「The Buffet」とベガスのマッサージ事情 【ベガス巡礼・2日目】

2日目は朝6時くらいに目覚めたので、軽くプレイする為にParisの平場へ。さすがに平日の早朝は人もまばらで空いてるテーブルもごく僅かです。Min$10のブラックジャックのテーブルがあったので数時間プレイしてちょい浮きの+$67.5。金額は大したこと無いです…

今年も泊まるラスベガスParisのいいところと超おススメAriaの「The Buffet」【ベガス巡礼・1日目】

はるばる半日以上かけてようやくラスベガスに到着です。気温は高いですが湿気が全然無いのでやはり日本よりはよっぽど過ごしやすい。夏のラスベガスはこの乾いた空気がステキ。 空港からはタクシーに乗り込みます。街を通っていくかハイウェイを通るか聞かれ…

今年もラスベガスへ出発だ!いよいよJGC達成へ向けて 【ベガス巡礼・出発】

やはりカジノ好きとしては、いくらマカオが売上1位になったとはいえラスベガスには別の魅力があります。ロングフライトとなっても行きたいモノなのです。そして今回の旅でいよいよJGC修行も終わる予定。 名古屋・セントレアからはまず成田まで。1時間のフラ…

【映画】『ファインディング・ドリー』感想 ニモの続編だけれど、今作だけでも十分楽しめる

おススメ度★★★ 前作の『ファインディング・ニモ』は大ヒットして、モデルとなったカクレマノミはペットショップでたくさん売られましたし、ダイビングする人も「ニモが見たい!」という声が増えました。ちなみに私はタイトルを間違えて『ファイティング・ニ…

【映画】『翔んで埼玉』感想 GACKTと二階堂ふみのボーイズラブが光る!安心して笑える作品

おススメ度★★★ 『パタリロ』の代表作で知られる魔夜峰央原作漫画の実写化です。1980年代の漫画なので今更感はあるのですが、都庁に攻め入るシーンなど絵になっていてはっきりいってアリ。ギャグなんですが、基本的には真面目なストーリーでそれがバカバカし…

アメリカ・ラスベガス旅行の落とし穴!初心者からベテランまで気を付ける3つの点は?【ラスベガスの旅の思い出】

間もなくラスベガス旅行なのですが、ちょうど1年前の2018年の夏にも古くからの友人たちと一緒に旅しました。自身10年ぶりくらいのアメリカ旅行で大失敗した点と、その際の思い出をつらつらと。 宿泊したのはParis アメリカ・ラスベガス旅行の注意点 1.esta申…

韓国によるGSOMIA破棄の影響は?日本人が取るべき道は?

GSOMIAとは『軍事情報に関する包括的保全協定(ぐんじじょうほうにかんするほうかつてきほぜんきょうてい、英語: General Security of Military Information Agreement, )』の頭文字を取った略称だそうです。要はお互いわかったことを教えっこしましょうと…

健康診断でバリウム検査を避ける方法

本日は健康診断だったわけですが、オッサンになると胃のX線検査が基本的に実施されます。しかし投影用のバリウムがどうにも苦手で過去に1度飲もうとして断念した経験があります。あの白い粘つく液体、まるでアレではありませんか・・・。あんなもんよう飲め…

【映画】『トールキン 旅のはじまり』感想 指輪物語やホビットの冒険とはまた別もの。ファンタジー要素は少ないヒューマンドラマ

おススメ度★ J・R・R・トールキンといえば映画でも大ヒットした『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者で知られています。中学生の頃に小説読んだのが懐かしい。この人がファンタジー世界に与えた影響は実に大きい。エルフという種族が耳長の長命という設定な…

ハンガリーから帰国 リスト・フェレンツ空港での免税処理の注意点は? 【枢軸国を巡る旅・7日目】

フィンランド経由でチェコ、オーストリア、スロヴァキア、ハンガリーと回った旅もこれにて終了で再びヘルシンキのヴァンター空港経由して名古屋まで帰国します。さて日本も含めていろんな国に旅行者が国外で購入したものは一定額を超えると免税となるシステ…

魅力たっぷりのハンガリーを堪能 【枢軸国を巡る旅・6日目】

騎馬民族のマジャール人の子孫ですからトゥラーン戦車で知られるハンガリーの機甲師団も強かったんでしょうか。今ではソ連とのブダペシュト攻防戦で爆破された橋もすっかり修復されてドナウ川の両岸は今や世界遺産の大変美しい景色となっています。 漁師の砦…

鉄道でウィーンからスロバキア・ブラチスラバへ 【枢軸国を巡る旅・5日目】

朝から駅へと移動して鉄道で国境を超えてスロバキアへと向かいます。ウィーンからスロバキアの首都・ブラチスラバまでは1時間ちょっとです。こっちの駅は改札が無いのでそのまま列車に乗り込みます。 国外への列車が発着するウィーン中央駅 駅からはほどなく…