趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。目標は月1海外旅行。

docomoユーザーはahamoに切り替えるべきなのか調べてみたら・・・

20GBで2,700円というのはそれ以上使うようなヘビーユーザー以外圧倒的に安い。自分もせいぜい月に5GBとかそれくらいなのでそこだけみれば買い替え当然なのですが・・・。 果たしてデメリットは無いのかと調べてみると、キャリアメールが使えなくなるというの…

2021年春アニメ期待の5作品は・・・

2021年冬アニメでは「エスケー∞」という掘り出し物がありました。また「Re;ゼロ」も期待以上でなかなか豊作な感じでした。というわけでこの4月からは春アニメなわけですが、期待の作品をピックアップしてみようと思います。 1.ゾンビランドサガリベンジ 期待…

JAXA宇宙飛行士文系

career.nikkei.com もともとは宇宙ロケットの操縦ということで軍人の中でもパイロットから募集されていた宇宙飛行士ですが、今では宇宙空間での様々な作業に向けて理系の人間に門戸が広げられていました。そんなわけで文系を選択した時点で諦める必要のあっ…

橋田寿賀子さんに、田中邦衛さん、昭和の巨星の冥福を祈ります。

昭和の世代でお二人を知らない人はいないんではないでしょうか。TVが今よりはるかに力を持っていた時代、驚異的な視聴率を叩き出した「おしん」は世界でもヒットを繰り広げました。 田中邦衛さんも独特の演技はモノマネの的となってましたね。そんな偉大なお…

二階さん、はやくGoTo再開してくれー

「恐れとったら何もできん」という発言はさすが自民党の幹部だけあってわかってらっしゃるようで安心しましたが、これを揶揄するマスコミがあかんのよなあ。政権批判が仕事だと思ってるから政策や考えが正しいかどうかではなく、とりあえず批判するから日本…

庵野監督を実写映画監督として生き返らせた鈴木Pこそ傑出した才能なのかも。

庵野監督が「シン・ウルトラマン」の公開も待たず新作「シン・仮面ライダー」の製作を発表しました。エヴァンゲリオン以降ある意味生死の境をさまよっていた庵野監督にメガホンを持たせた鈴木Pという人がいたからこそ、今の実写監督としての庵野監督がいるよ…

えーーニコンが国内生産終了ですか・・・

ニコンユーザーとしては悲しいお知らせ・・・。まあキャノンの方が人気だとは思ってましたし、最近はSONYが台頭してきたっていうのもありますがそれでもニコンが国内で生産しなくなるっていうのはちょっとガックリですね。 精密機械というのはスイスの時計も…

【アニメ】『空の青さを知る人よ』心地よい青春ドラマだが、しっくりこない

おススメ度★★ 長井龍雪監督といつものコンビによる作品で、『あの日みた花の名前を僕たちは知らない』や『心が叫びたがっているんだ』の系譜に繋がる埼玉推しアニメ。田中将賀氏のキャラデザはいつもながら秀逸で、岡田麿里氏の脚本もいつものことながらサイ…

え、いまさら『輪るピングドラム』劇場化ですか!?

「生存戦略~♪」大好きでした。正直ストーリーはしっちゃかめっちゃかでしたが、ノリと勢いは抜群のアニメでした。 当時もそれなりに話題にはなったように思いますが、やはりキワモノ扱いだったような記憶があります。そんな当時ならいざ知らず、オンライン…

新型コロナウィルス第4波こそ正念場かも。

世界の統計的には暖かくなってくると収まる傾向もあったように思いますが、ここにきて日本では感染拡大の動きがあるようです。原因としては緊急事態宣言も終わり、これまでの自粛ムードが解禁された点と変異株によるものと思われます。 自分の職場の近くでも…

犬山城が現存最古の天守閣と判明!いいぞ!もっとやれ

日本で国宝となっている城は5つだけ。姫路城・彦根城・松本城に犬山城、そして最近加わった松江城。いずれも美しい城ですが、その中でも犬山城の天守閣が最古と判明したのはうれしいですね。 世界的にはともかく、日本には城マニアというのが結構いるわけで…

阪神6年ぶりの開幕3連勝!!

もちろんシーズンからしたらたったの3試合ではありますが、この時点で首位というのも意味ないのもわかっていますが、それでもやっぱり滅茶苦茶嬉しいですね。正直去年までの糸井・福留というロートルに頼った主軸には限界がありましたから、佐藤も入ってフレ…

佐藤選手、プロ初安打がHRか!

新人ながらオープン戦でHR王とその打撃に大いに期待させてくれた佐藤選手ですが、ペナントレースでもバッチリ結果を出してくれました。なかなかヒットが出ずにいましたがようやくでた1発がHRと、今後が楽しみ。 今年の阪神はなんだかイケそうな気配がしてき…

インドが世界に影響力を及ぼす日は来るのだろうか

現在の地球において大きなイニシアチブを握っているのはもうアメリカではなくて中国でしょう。有数の国土に加えて世界最大の人口を抱え、最も大きなマーケットと労働力を持つという事はとてもスゴイ事です。かの国が自国の利益を最優先して世界協調の輪から…

日韓親善試合で快勝!嬉しんだけれどちょっと複雑

韓国戦に快勝というのは身近なライバルに勝ったという意味では嬉しいのですが、韓国を敵対視する姿勢にはちょっと疑問を感じてしまいます。かつて韓国の方が上だったサッカー界においては大きなことなのかもしれません。それでも日韓問題が揺れる中で、子供…

ウイグル族に対する抑圧に反対するH&Mを応援しよう!

中国がウイグル人に対して苛烈な措置をとる事に反対してH&M社はウイグル産の綿花を使わないことを宣言したそう。国家の動きも大切だけど企業がこういった動きを見せるというのは大変すばらしいですね。 これまで安価な中国製品に頼ってきた日本にとってコス…

F4ファントム引退!

平和な時代だったとはいえ国防を担ってきたF4が全機引退となりました。空自といえばF-15Jイーグルの印象が今は強いですが、日本全土を守る上でコスパ的にもファントムの存在は重要だったと思います。 アメリカやその他の国と違って紛争らしい紛争もない日本…

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で庵野秀明監督登場!番組史上初の4年超の取材記録に感動感動

NHKのプロフェッショナル・仕事の流儀はなかなか見応えのある番組で好きな放送の一つです。そして今回は言わずもがなの庵野監督が対象ということで見逃す手はありません。 なるほど庵野監督自身はそれほど乗り気では無いものの、シン・エヴァの宣伝のために…

「あ、犬」って言ってはいけないという風潮はアカンのやなかろうか

かつては差別用語だったもので、今では口に出すのが憚られるものというのはいくつもあります。「ちびくろサンボ」は黒人蔑称ということでアカンということになりました。アイスクリームの「エスキモー」も販売中止です。例をあげればいくつもありますが、本…

本田選手の海外へのこだわりは高い向上心の現れなんでしょうか。

まだ34歳ですから、キャリアは下り坂とはいえまだまだ現役のはずですが、なんだか忘れ去られたかのような扱いになってきてしまったのが残念です。先日イブラヒモビッチ選手の代表復帰が決まりましたが、彼よりずっと若い本田選手だってパフォーマンスさえよ…

オリンピッグのオファーはけしからんのか

まあ確かに渡辺直美さんを「オリンピッグ」というのはあまりにも古くさいセンスだとは思います。ただ、彼女の容姿を揶揄して金を稼ごうというのは、そもそも彼女自身がその芸能活動において自ら率先して実行しているわけで何ら批判される対象ではないのでは…

ルフトハンザが名古屋に還ってくる!

昨年の新型コロナウィルス感染拡大で一時は海外便がゼロになっていたセントレア。フィリピン便から復活が始まり、韓国、シンガポールなどのアジア路線に続いてデルタのデトロイト便が戻ってきてました。そんななか欧州路線は依然として閉じたままだったわけ…

グランパス、クラブ初の開幕5連勝!

イタリア人監督らしいといえばらしいかつてのカテナチオを彷彿とさせる1-0勝利が多いのはディフェンスの規律がしっかりしているからなんでしょうね。Jリーグの強豪というのはたいてい攻撃力が強く、攻撃こそ最大の防御、といった風潮が強かったように思い…

イブラヒモビッチスゥエーデン代表復帰!

一度は監督としての確執で代表を引退したイブラヒモビッチ選手がミランで絶対君主として大活躍して40歳に届こうといういまでもワールドクラスの選手であることを見せつけてくれていました。 そんな活躍を背景についに代表復帰という嬉しいニュースが。欧州で…

ナナちゃん人形がアスカに!

名古屋の話題スポットとなった感のあるナナちゃん人形ですが、今回はプラグスーツ姿のアスカになっていました。エヴァンゲリオン公開後に登場するこのやり方はスター・ウォーズなんかもそうでしたが映画の宣伝の常套手段のようですね。 もとのデザインからし…

Civ6のススメ68 ニュー・フロンティア・パス(NFP)ラストは大航海時代・ポルトガルのジョアン3世

Civ6ファンの皆様こんにちは。最近忙しくめっきりプレイ時間が減っているうちにニュー・フロンティア・パス(NFP)のラストアップデートがきてしまいました。最後を飾るのは大航海時代にポルトガルを世界の一流国へとのし上げたジョアン3世が登場です。直接こ…

【アニメ】メディア芸術祭大賞で世界中で評価の高い『音楽』の出来はいったい

おススメ度★★ メディア芸術祭大賞が発表されるまで全くその存在を知りませんでした。正直好みのキャラデザではないのですが、何か惹かれるところはあります。そんなわけで早速観てみたわけですが。。。 なるほど、これは確かに受ける要素はあるなと思いまし…

今年のメディア芸術祭大賞は『映像研には手を出すな』『3月のライオン』『音楽』など

『3月のライオン』にしても『りゅうおうのおしごと』にしても藤井聡太2冠というリアルの方が上をいっているのはまさに事実は小説より奇なりで面白いところですね。『3月のライオン』は将棋成分以外にもいろんな要素が混じり合っているので面白いわけですが、…

『泣きたい私は猫をかぶる』愛知県常滑市を舞台にしたご当地アニメなんだが・・・

おススメ度★ 今や世界最大の映像コンテンツともいえるNETFLIXが愛知県常滑市を舞台にしたアニメを作ったという事で期待したわけなんですが・・・。残念ながら話題作になるような出来栄えとは言えないように思いました。これでは聖地巡礼なんていうのもほとん…

【映画】シン・エヴァンゲリオン鑑賞!庵野監督の才能に感謝!(ネタバレなし)

おススメ度★★★★★ 四半世紀前に始まった伝説がようやく終焉を迎えました。これまでトップをねらえ!でもナディアでもTV版エヴァンゲリオンでも途中で精魂使い果たし、作品としてどうかという部分を数多く造り出してきてましたから、きちんと終わる事が重要…