趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。目標は月1海外旅行。

豊川突風

f:id:haseger:20210920215024j:plain

www.asahi.com

 

 愛知県ローカルネタすぎてアレですが、豊川とか豊橋で時折ハリケーンというか突風が吹いたというニュースが流れます。名古屋ではほとんど聞かない話なので、やはりそういうものが起こりやすい条件というものがあるんだなとは思います。ハリケーンとか砂嵐とかわりとなんにもないところで起きるイメージがあるので、なんで豊川でよく起きるのか今一つわかりません。

 やはり地球のふるまいはまだまだ人智を超えていますね。

五輪閉幕で当然のようにふくれあがった新型コロナウィルス患者ですが

f:id:haseger:20210920185636j:plain

 

 まあ無観客とはいえ戒厳令下で行われたわけでもないオリンピックですから、諸々考えて感染が拡大しないわけありません。そんなことはわかっていて実施したわけですから、別に驚くことではありません。むしろ想定内に収まったという点ではコントロールされた被害で収まったという事で政府の思惑通りなのかもしれません。五輪中止で被る経済的な打撃に比較したらこの程度の感染拡大は屁でもないのでしょう。

 感染拡大を親の仇のようにゆう人たちが少なからずいますが、果たして自宅から一歩も出ずに物資はすべて配達でまかなっているのでしょうか?仕事もすべて在宅ですませているのでしょうか。そこまでしているのなら話は別ですが、どうも世間はそうでもないような気がしてなりません。

オリンピックで日本一というのはやっぱり

f:id:haseger:20210920184252j:plain

 

 野球がオリンピックの公開競技になってから日本が金メダルを取った事はなく、国技といってもいい競技で悔しい思いをしていた半世紀近く。世界的に人気とはいえない野球という競技がオリンピックから消え去ることが決定していたためラストチャンスともいえる東京大会で見事日本が悲願の優勝を果たしてくれました。

 野球が日本でもかつての人気を失いつつある中でなかなか明るいニュースだったように思います。

メキシコにも負けて4位とは情けない・・・

f:id:haseger:20210920175353j:plain

 

 スペインに負けたのは仕方ないとしてもその前に勝っているメキシコには勝てる、という自負が日本にはあったと思います。優勝は逃したが最低銅は取れる。そういった慢心の様なものはあったのではないのでしょうか。

 決勝トーナメントを見据えリアルに優勝を狙っていたメキシコが力を温存していたのに対していつも全力疾走だった日本が力負けしたのは道理です。やはりこのあたりは監督の采配に問題があったような気がしてなりません。

MGMさんがはや黒字ですって

f:id:haseger:20210920172732j:plain

www.asahi.com

 

 MGMといえばamazonに買収されて新たな映像コンテンツ企業として生まれ変わりつつあるわけですが、カジノ部門となるMGMリゾーツはまた話が別。アマプラ会員としてもMGMには頑張ってもらって大阪には進出してもらいたいので黒字のニュースは嬉しい限り。まだまだ海外勢にとってラスベガスは遠い存在ですが、復活するまえにつぶれて欲しくないのでよかったよかった。

コロプラも任天堂という巨人を怒らせちゃあかんよなあ

f:id:haseger:20210920162758j:plain

www.asahi.com

 

 ゲームというカテゴリーの中にソシャゲが入るのかどうかというと甚だ疑問ではあります。もちろん大きな枠組みの中ではそうなんでしょうが、ようは金をかけたもんが強いだけというゲーム性もへったくれもなく、ソーシャルの名がさすようにリアルでの対人能力に欠如した人たちがその欠けた部分を補うかのように社交じみたことを行う場を用意しているだけに過ぎない気がします。

 もちろんビジネスチャンスをいかなる場に見出すかというのは商売人としては大事な能力ですが、ゲーム業界のトップ集団にいるという自覚があるであろう任天堂からしたらソシャゲ会社なんてクソみたいなもんなんでしょうね。

 だからこそ絶対に許さないという姿勢で挑んだ任天堂には拍手をおくりたいと思います。今後もこのネット社会においてソシャゲは一定の地位を保つでしょうが、任天堂の生み出してきたクリエイティビティをこれからも期待したいと思います。

やっぱりスペインには勝てないか

f:id:haseger:20210822194327j:plain

 

 A代表のスペインは21世紀初めは二流国でしたが、シャビ、イニエスタといったクラックが出てきたあたりから世界でもトップの国になってきました。今ではおそらく世界トップのリーグはプレミアでしょうが、それまでレアルとバルサの二大巨頭を筆頭にしたスペインのラ・リーガが世界最高峰の選手たちの集まる場所であったことも大きな影響を与えていたのだと思います。

 

 そんなスペインのU-24とはいえいくら親善試合で引き分けたとはいえ実力差があるのは明らかでしたから、この敗戦は順当ともいえると思います。スペインが優勝を狙って力を温存しながら戦っているであろうに対して、いつも全力で挑んできた日本はNZ戦で勝ちきれなかった時点で息切れしていたのかもしれません。そのあたり、采配にもちょっと問題があったような気もします。