趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。目標は月1海外旅行。

「第3次世界大戦は果たして起こるのか?」を韓国・ソウル「反日デモの前でフリーハグ」を見て考える

 

f:id:haseger:20200115214541j:plain

 年末年始の世界でのホットワードは#WW3、第3次世界大戦だったそうですね。だいたい世界どこでも新年というのはお祭り気分になるものだと思いますが、それでもそんな悲壮な思いに駆られるくらい世界情勢はひっ迫しているんでしょうか。日本という平和な国に暮らしていることもあってか、いまひとつピンときませんでした。

 

 WW3が起きるか起きないかでいえば、まずまちがいなく起こると思います。それは人類の歴史が証明していますし人間の性でしょうから。人類全員が英知に目覚めて平和を尊ぶよりも、他人を羨み自らの欲望を満たそうとする方が遥かにリアリティがあって納得できます。

 

 では具体的にはどうなのかというと、過去の絶対王政の時代や帝国主義の時代と違っていまやインターネットで世界中が繋がれている時代ですから、単なる領土欲や支配欲での戦争は小規模なものはあっても世界大戦まではいかないように思います。宗教絡みは多少現実感が無いでもないですが、やはり十字軍の時代ではないですから結局宗教の対立も経済格差が根本にあるだけでしょう。

 そう考えるとWW2のドイツ然り、やはり貧窮した国家が戦争という手段に訴える可能性が高いと思います。ですから現状では中国やアメリカがその口火を切るとは思えず、また中東の石油を持っているイランなどの国も省かれます。ですからやはり思いつくのは北朝鮮ということになるでしょうか。韓国を併合しようと武力に訴える可能性は十分考えられます。これまでの日米韓の協力体制に現在ヒビが入っていますから、これがさらに亀裂が深まるようであれば北朝鮮の侵攻は現実味を帯びてくると思います。韓国が現実よりもメンツを重んじて日本や米国との協定を破棄して、かつての歴史の流れに沿うように中国に接近した場合に、のちにWW3へと続く当たらな戦争が始まるのかもしれませんね。

 

 まあそうならないようにやはり日韓の友好は深めたいなあと思ったり。そんな中TVで紹介しててすげえなあと思ったのがソウルの反日デモの真ん前でフリーハグをする日本人の動画。コメントにもあるけど、ほんとこの勇気と行動力に脱帽です。

 

↓Youtubeの動画


日本人が反日デモでフリーハグをしてみた 일본인이 반일데모 현장에서 프리허그를 해보았다

 

森保ジャパンのU-23惨敗っぷりはどうなんでしょう

f:id:haseger:20200115211819j:plain

 

 東京オリンピックに向けて盛り上がるどころかアジアレベルでさっぱり勝てないというのは果たしてどうなんでしょう。過去に比べて選手のレベルが低いんでしょうか。確かにこの世代でも久保選手だとか堂安選手だとか、以前なら日本のJにいて試合に出ていたであろう選手も今では世界へと羽ばたく時代になってきたので、国内組だけでは一流選手がそろわないのかもしれません。そういう意味で選ばれた選手には悪いですが一軍半のメンバーというレッテルを貼りたくなってしまいます。

 しかし、ひょっとしたら選手ではなく監督の采配に問題があるのかもしれません。森保監督はA代表も兼ねているわけですが、果たしてそれが効果あるのかどうか。A代表レベルだけでも選手とのコミニュケーションや試合の視察などやるべきことは多いはず。例えば今では欧州リーグなどで活躍する若手も多いわけですから、Jリーグと欧州リーグを視察してまわっていたら若手なんてみてられなくて当たり前。選手のことをあまりわからない状態でスタメンを決めて試合の采配を、というのは人によってはできるかもしれませんが森保監督にはひょっとしたら荷が重いのかもしれません。A代表もアジアカップでは今一つだったし、ここは勇退すべきときなんじゃないかなあと思ったりもしますが、自分からは言い出せないのかもしれません。そんな時こそ協会の人間が客観的に判断を下して欲しいわけなんですが、現在のところのGOサインは果たして正解なのかどうかとても不安になります。

 

 もうひとつ別の心配は久保選手の不振。レアルで活躍するどころかレンタル先でも「1本でれば…」といっていたゴールがまさにその1本で止まってしまっています。まあまだ若いといえばそれまでなんですが、若くして才能を嘱望されてそのまま花が咲かずに消えていった選手は数知れずいます。そういった選手たちとは違う雰囲気を感じますが、結果が出ないとやはり不安になります。なんとか残りの試合で輝きを放ってほしいものですね!

 

 

『鬼滅の刃』がブームらしいのだが

f:id:haseger:20200115203355j:plain

 

 週刊少年ジャンプで連載しているのはなんとなく知っていましたが、今となっては手に取る事が無くなっていたのでスルーしていました。絵柄もそんなに好みでもなかったし。

 ところが最近ちょくちょく面白いという話を耳にするようになったので、今更ながらアニメの1話を観てみました。前半はほんのり眠くなりそうでしたが本来の導入部分なのかなと思った後半はなるほど確かにひきこまれるものがありました。まだまだ1話だけなのでそこまで話題になるモノかどうかはちょっとわかりませんでしたが、とりあえずもうちょっとみてみようかなと思ったり。

【映画】『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』橋本環奈のかぐや様は完ぺきなヴィジュアル!

f:id:haseger:20200114072004j:plain

おススメ度★★

 

 アニメ化もつい最近されましたが、ブームに乗ってか実写化されました。かぐや様を演じるのは今や引っ張りだこの橋本環奈さん。そのヴィジュアルはほぼ完ぺき。ただ貧乳設定で藤原書記を恨んでいるという点からすると橋本環奈さんはちょっと肉づきが良すぎるかも。そっちの方が女性らしくていいんですけどね。ただ見た目はすごくよかったんですが、声はちょっとイメージと違うように感じてしまった。その点ではアニメの古賀葵さんの印象が強すぎたのかもしれません。

 映画は時間の制限もあるのでかなり端折った展開ではありますが、コミカルでユーモラスな映画として10代とか20代のカップルなんかにはすごく良い映画なんじゃないかなと思いました。

 

 

 

 

 


『かぐや様は告らせたい~ 天才たちの恋愛頭脳戦~』予告①

 

 

 

 

【映画】『アド・アストラ』宇宙の空虚な雰囲気が如実に伝わってくる美術設定に息を呑む

f:id:haseger:20200114071206j:plain

おススメ度★★

 

 ブラッド・ピット主演でSFモノとあっては見ぬわけにはいかないという感じでした。そもそも『アド・アストラ』というのが意味不明なわけですが、調べてみるとラテン語で「困難を超えて星をかなたへ」という語句の一部なんだとか。なるほど確かにこの映画のタイトルとしてはふさわしい。

 宇宙の果てに消えた父親を追ってはるか彼方へ・・・というストーリーですが、雰囲気は良かった。宇宙というのはこんな殺風景な感じなんだろうなというイメージはリアリティを持って伝わってきました。だからビジュアルデザインとか美術チームの仕事はすごく良かったと思います。けれど肝心の中身がちょっぴり微妙かも。

 ネタバレはアレなのでアレですが、SFとかブラピとか好きな要素が無い人にとっては苦痛かもしれないと思った次第でした。観る人を完全に選びますでしょうか。個人的にはそこまでキライじゃ


ブラッド・ピット主演!映画『アド・アストラ』予告編

ないですが。

 

 

2020年冬アニメ今後が楽しみな作品TOP5

 2020年冬アニメもおおよそスタートを切りましたね。1話を視聴した中から今後が期待できそうな作品をいくつか。

 

f:id:haseger:20200114052108j:plain

 

 

1.映像研には手を出すな!

期待度★★★★★

 

 月刊スピリッツの漫画が原作の湯浅政明監督によるNHKアニメなわけですが、虚構と現実が交錯する世界観は「四畳半神話体系」を彷彿とさせ1話からすでに名作となる匂いがプンプンしてやがります。

 アニメ作りの話をアニメでやるというのはこれ以上ない組み合わせで、その設定を活かすうえで湯浅監督の手法は実に見事だと思いました。

 


TVアニメ「映像研には手を出すな!」PV 第3弾【1/5(日)24:10~NHK総合テレビにて放送開始】

 

 

2.ID:INVATED

期待度★★★★

 

 オリジナルアニメという事で、前情報サッパリ無しで見たわけですが、まさかIDがフロイトのイドだったとは。心理学を専攻した身としてはなかなか興味深い内容で、深層心理の世界の描き方はなかなか興味深いものでした。

 いきなり謎展開なのでついてこれない人もいるんじゃないかと思いましたが、個人的には先が気になる展開でした。


ID:INVADED イド:インヴェイデッド Official Trailer 01

 

 

3.プランダラ

期待度★★★

 

 月刊少年エースの漫画が原作なわけですが、未読なのでワクワク感いっぱいで見ました。ギャグなのかシリアスなのかエロなのか真面目なのか路線がわからないんですが、最終的には王道なのかもしれない。そういう点では「七つの大罪」に似てるかも。

 正直路線がはっきりしないので海のものとも山のものともわかりませんが、期待して観てみたい。

 


TVアニメ「プランダラ」PV第1弾 2020.01 ON AIR

 

 

4.ダーウィンズゲーム

期待度★★

 

 これは別冊チャンピオンが原作。未読なので期待はあるのですが、設定がどこかで見たような感が半端ないのが気になるところ。1話の展開はなかなか良かったので是非ともいい方向にいってもらいたいものです。

 


アニメ「ダーウィンズゲーム」PV 生き残りを懸けた異能バトル 「別冊少年チャンピオン」のマンガがテレビアニメ化

 

 

5.とある科学の超電磁砲T

期待度★★

 

 ようやく来たかという感じのレールガン3期。禁書もかなり間が空きましたが、どうして今頃本気を出してきたんでしょうか。それはともかく超人気作ですのでそれなりに期待せずにはいられません。作画レベルがきちんと保たれることを期待しています。

 


TVアニメ『とある科学の超電磁砲T』本PV

KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)新商品の『ブラック・ホットチキン』が最強クラスに美味い!

f:id:haseger:20200108223138j:image

 さて私はKFC大好き星人なわけですが、本日会社に行く途中にスマホに入ったメッセージは「KFCで新商品発売!」。気になってみてみると「ブラック・ホットチキン」という名称とのこと。夏場のレッドホットチキンは大好物ですし、胡椒もこれまた大大大好きなので、これはもう食べる前から大当たり確定。全回転レインボー演出です。

 というわけで昼休憩で早速近くにあるKFCに突撃、注文してみました。気になるお味は実に想像通りのおいしさで、これまであったいずれの商品に勝るとも劣らない。近いのはアジアの各国でスタンダードになっているクリスピーチキン。日本ではなぜか流行ってませんが、世界標準で好みな味だったりします。KFCは今の社長になってからキャンペーンを長めに展開するようになりましたから、この商品も是非とも末永く提供してほしいなあと思いました。

 KFC好き、胡椒好きな方はぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 


ブラックホットチキン「聞き耳」篇(15秒)|KFC