趣味全開で世界を巡る

オタクなおっさんがアニメ・ゲームにうつつを抜かしながら時間が空いたらカジノを中心に世界へと旅立つ。目標は月1海外旅行。

超美味!人気上昇中のカンジャンケジャン初体験【2019年2月カジノツアー第2弾③】

  今回韓国に来るにあたって狙っていたのがカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬)。ここしばらく気になっていたのですがなかなかチャンスがなかったのですが、今回は時間もヤル気もあるので30年以上続くという老舗「プロカンジャンケジャン」を目指します。地下鉄新沙駅4番出口を出て南へ向かうとすぐに看板が目に飛び込んできます。24時間営業なのでいつでもOKというのが心強い。カンジャンケジャン自体は一番小さなものでも67,000₩、大だと100,000₩と結構なお値段がします。しかしながら鮮度が命の食べ物だと思うのであまり安すぎる店だとちょっと不安ですから信頼の置ける店を探すのが大事だと思いました。肝心のお味の方はワタリガニの甘味が口に広がりとっても美味!人気が出るのもうなずけました。看板が日本語になっているところからも日本人が多くくるんでしょう。店員さんも結構日本語ができましたからお財布さえ許せばおススメのお店です。

 

f:id:haseger:20190220120021j:plain

看板には日本語でも「プロカンジャンケジャン」の文字があってわかりやすい

f:id:haseger:20190220120153j:plain

カンジャンケジャン(小)だが一人ではちょうどいいくらい。67,000₩

 食事の後は江南(カンナム)スタイルで知られるカンナムにあるセブンラックカジノに初挑戦です。新沙駅からはタクシーで5分ちょっと。3Fがカジノフロアになっています。パラダイスシティ仁川なんかに比べると小ぶりな感じでBJ、バカラが中心に数卓といった程度。先日訪れたセブ島のウォーターフロントと同じくらいでしょうか。印象的だったのはBJがアメリカ式の鏡で先にチェックするタイプだった事。アメリカ以外では初めてみました。不用意に親のBJに飛び込まずにすみますが、逆に絵札+エースだった場合にサレンダーできなかったりします。いわゆるレイトサレンダー方式ですのでちょっとプレイヤーには不利。それもあって早めに退散する事にします。ソウル市内からインチョン空港まではタクシーだとだいたい70,000₩くらいかかるのでそれだけ稼いで撤収します。

 

↓ちなみにこれが江南スタイル

www.youtube.com

 

f:id:haseger:20190220120317j:plain

江南のCOEXのすぐ北にあるセブンラックカジノ

 そのあとはせっかく夜遊びエリアに来ているのでちょっとお愉しみをしつつホテルへ戻ります。帰ってきたら朝の5時ごろ。フライトは11時なので寝てもいいのですが、8時くらいに起きることを考えると微妙な時間。そしてこの時点でだいたい2,500,000₩勝っていたのですが、もうちょい増やしたいという事でカジノで徹夜することに。バカラを中心にうち、ツラはなかなか捕まえられないもののタイをしっかり当てていき5,000,000₩プラスになったのが朝7時ごろ。出発まではまだ2時間あります。ここで眠くなっているし帰ればよかったのですが、今から寝たら起きれないかもという事で勝負続行。しかしやはり眠気のせいか勘も冴えずじりじりとチップが減っていきます。そして出発の9時ごろには結局もとの2,500,000プラスに逆戻り。引き際をまたしても誤ってしまいました。とはいえ今年に入って一番の勝利、飛行機代を考えても十分にお釣りがくるレベルの勝ちなので大成功と言えます。

 韓国は去年までは負けてばかりでしたが今年はこれで2連勝。この調子ならこれからも何回か訪問することになりそうです。それもあって勝ち分はそのまま₩でキープ。持論として勝った金はそのまま持っていても種銭になってすぐ消える運命にあるので、そうなる前にある程度使ってしまうようにしています。そんなわけで免税店によってお買い物。

 復路はチェジュ航空の7C1602便でインチョンからセントレアまで。11時発で昼過ぎには到着予定だったのですがこの日の韓国は雪。それもあってか機内搭乗までは定刻通りだったのに機内に乗り込んでから2時間近く離陸せずに待たされます。結果約2時間遅れで名古屋に帰着ということになりました。

 

f:id:haseger:20190220120529j:plain

戦利品。約1,000,000₩

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

本場韓国のアカスリでスッキリ 最近話題のチムジルパンに潜入!【2019年2月カジノツアー第2弾②】

  いつもカジノに行くとちょこっとだけ勝ってから負け越す、或いは最初からマイナス街道一直線というパターンが多い私。初めにガツンと勝って後は悠々自適というパターンはほぼありません(なぜなら勝ったら勝ったでまた勝負してしまうから)。

  ところが今回は初日にプラス260万₩と自分にしてはまずまずの勝ちで終わりました。これを元手にさらに…という気持ちはもちろんありましたが、いつもの負けパターンを繰り返さないように2日目はあえてカジノと距離を置き観光に出かける事にしました。

 

  睡眠不足だったので昼前まで寝てそこから出発。まずはシャトルバスで一旦インチョン空港まで戻ります。そこからソウル市内直行の特急列車AREXに乗車します。2回目なので車内で座席がわからず困っていた女性二人組にも案内してあげる余裕がありました。各駅停車なら半額なので時間があればそっちでも良いのですがAREXはフリーWi-Fiも魅力。日本円で約500円の差ですから好みが分かれるところですね。

f:id:haseger:20190220115257j:plain

パラダイスシティ仁川の地下にあるバス乗り場

  さてソウル駅からは地下鉄に乗り換えです。今回目指すのは市の外れの方にある複合商業施設「garden5」にあるSPA。地下鉄を2回乗り換え約1時間かけて長旨駅まで向かいます。駅を出るとすぐ目の前です。円形の4つの建物には「YOUNG」「FASHION」「TECHNO」「LIVING」とテーマ別にテナントが入っています。10階という情報はあったのですが何館かまでは分からず4つ全部回りましたが…無い!

f:id:haseger:20190220115352j:plain

長旨駅3番出口を出るとすぐ右手に見える「garden5」

f:id:haseger:20190220115555j:plain

円形の巨大ショッピングモール。10Fには映画館も

  諦めて映画館にいたカップルに英語で話しかけるとoutsideとの事。そう、garden5には他にも「WORK」館や「TOOL」館が北西にあるのです。何館にあるかまでは調べてなかったので目的地の「TOOL」館までかなり時間かかってしまいました。料金は10,000ウォンでしたが、時間帯によって違うみたいです。今回はアカスリを頼みましたが、中の食事などそういうのは別料金。まあ日本のスーパー銭湯や健康ランドと同じですね。アカスリは人生2回目で10年ぶりくらい。ホントどこにこんだけと思うくらい大量の垢がでる。全身プラス頭コースで30,000ウォン。係の人はカタコトの日本語が通じたので安心でした。サウナは高温とミストの2タイプで高温が苦手な私はミストへ。

  お風呂を出たら休憩室へ。ここにもオンドルやサウナなどがあり2回戦もできるみたいでしたが、もうぐったりだったので休憩。ここは男女共用なのですがイチャつくカップルが目につきました。安上がりだし若いカップルには人気のデートスポットなんでしょうかね。

f:id:haseger:20190220115657j:plain

SPA in garden5の入り口にようやくたどりつく

f:id:haseger:20190220115819j:plain

男女でまずは更衣室に分かれる

f:id:haseger:20190220115903j:plain

中にはヒノキ部屋やアイス部屋、シアタールーム(韓国語)など

   スパを出たらすっかり夜中だったのでAREXでホテルまで帰るのは諦めて夜遊びして帰る事にしました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フライデークラブに誘われて 【2019年2月カジノツアー第2弾①】

↓パラダイスシティ仁川への行き方は以前のブログをご参照ください。

www.haseger.com

 

 

 それは2019年1月下旬の事でした。マカオで携帯を紛失し、docomoのケータイ補償サービスで本体は手に入れたものの(有償ですが買い直すよりは遥かに格安)、データの復旧に手間取っていました。ようやくLINEを開いてみるとフライデークラブさんからのメッセージが届いていました。「2月はお得なキャンペーンをご用意しています。20万預けで1泊、50万預けで2泊無料です」との事。普段の半額のリスクで済むなんて、そんなことを言われたら行きたくなってしまうではありませんでした。慌ててスケジュールを確認してみると2/17-19ならなんとかなりそう。という事で慌ててチケットを確保します。できればJGC達成の為にもJAL系を使いたいところですが名古屋からだと上記の日程でまともな値段のチケットは無く断念。最近お気に入りのチェジュ航空で予約しました。

f:id:haseger:20190217222921j:plain

荷物が無ければVIP/GOLD会員と同じがら空きレーンでチェックインできるのが魅力

f:id:haseger:20190217223315j:plain

免税の書店で購入した本たち


 今回のフライトは前日が夜遅くまで仕事だったので午後の便に。チェジュ航空7C1601便にてセントレア発13:50分→韓国・仁川空港16:00着です。午前の便で行ってもどうせすぐにはチェックインできないのでちょうどいいかもしれません。さてインチョンに降り立つとさすがに日本より寒い!震えながらシャトルバスを待ちます。ホテルに着いたらちょうどフライデークラブさんからLINEが入る。そのままカジノ前で待っているとルームキーとバーのフリーパスを持ってきてくれました。

 昨日帰りが遅かった上にCiv6のプレイであまり寝ていないので部屋で休むか明洞あたりまで出てマッサージでもするか、それともカジノか悩みます。とりあえず部屋でゴロゴロしていたもののそこまで眠くなかったので軽く肩慣らしのつもりでカジノへ。

 

 最近の定番であるBJスタートです。週末に比べると日曜という事もあってわりと席に余裕があります。Min10万₩のテーブルでスタートです。前回フィリピンで流れがあったにも関わらずベットを抑えていたため勝ちはしたものの額が少なかったので今回は厚めに押していきます。結果としてプラス500万₩まではいきますが、そのあと失速してプラス260万₩まで減らしたところで切り上げ。バーでアップル・マティーニを注文して今日は終了です。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Civ6のススメ39 ついに発売!Civilization6の第2弾拡張『嵐の訪れ(Gathering Storm、略称GS)』は待望の外交勝利が追加!

 Civ6ファンの皆様はいかがお過ごしでしょうか。世間一般は2/14に待ち遠しかったのはバレンタインのチョコでしょうが、Civファンにとってはこの発売が何より待望だったのではないでしょうか。私は残念ながら仕事で2/14にはプレイできませんでしたがようやくダウンロード。いよいよ楽しみな初プレイです。まだ様々な要素がどうプレイに影響するのかわかりませんが、いろいろ試してみてまた報告したいと思います。

 

f:id:haseger:20190217020349p:plain

いよいよGS初プレイ!今回から災害レベルを選べるように

 それでは皆様のシド星が楽しい場でありますように!

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村

2019年JGC修行 2月の達成状況は約46%

  今月のJAL便はフィリピン往復エコノミーにて。これに加えて1月フライトの初回FOP加算が翌月である2月に無事加算されました。今月はフライトの予定はあるもののワンワールド系列ではないので打ち止めです。

 

f:id:haseger:20190217015617p:plain

 

 1月の12,956ポイントにプラスして初回搭乗ポイントの5,000とフィリピンまでのエコノミークラス往復が5,192ポイントで合計10,192ポイントが2月の獲得ポイント。合計23,148FOPで約46.2%の達成度まできました。まだ3月の予定はたてていないのですが手近な国内で少しプラスするか、頑張って海外に飛ぶか、もう少しスケジュールとにらめっこです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【映画】『ベイビードライバー』感想 一風変わった凄腕ドライバーの恋にも注目

f:id:haseger:20190217021124j:plain

おススメ度★★★★

  「キャリー」リメイク版でデビューし、「ダイバージェント」などを経てこの「ベイビー・ドライバー」の主役ベイビー役で注目を浴びたのがアンセル・エルゴートです。まだ20代半ばの彼ですがその甘いマスクからヒット作に恵まれれば一気にハリウッドのトップスターに上り詰めそうな気がします。

 

  さて凄腕ドライバーの映画といえば今も人気の「ワイルドスピード」シリーズやリュック・ベッソン監督の「タクシー」やジェイソン・ステイサムの「トランスポーター」など数多くあってとりわけ目新しい設定ではありません。しかしこの映画が面白く感じるのは主役ベイビーの善人ぷりに有るのだと思います。これまでの作品では悪人では無いもののアウトローなキャラクターというようなテンプレート的な位置づけだった凄腕ドライバー役を、プロレスのベイビーフェイス宜しく善い者として描いている点が奇抜では無いものの新しい切り口に感じるのでしょうか。

 

  その他の脇役達もなんだかんだで人情味のある人達が多く、犯罪に手を染め時には人殺しまでするものの一定のシンパシーを感じる点が心地よいのかもしれません。

  ヒロインのデボラが犯罪者と知った後も変わらぬ愛情を見せるのに最初は非現実的な感じがしましたが、ラストシーンに至るまでベイビーの善人ぷりがズレないストーリーから、人の本質を愛しているという事なのかなと納得がいきました。

  単なるカーアクションやクライム映画ではなくラブストーリーとしても魅力のある映画だと思います。

 

www.youtube.com

羽田-成田の移動てどうするの?【フィリピン初上陸記⑧】

    マニラのニノイ・アキノ空港発の日本航空JL78便は羽田空港着です。そして名古屋までのフライト日本航空JL3083便は成田発です。海外と往復する場合には意外とこのパターン(或いは逆の羽田発成田着)があったりしますが、東京近郊の人はいざ知らず、地方から又は地方への乗り継ぎ便があると大変だったりします。私も今回初体験でしたが、羽田に到着した後に成田まで移動しなければなりません。そしてその手配に航空会社は一切関係が無く時間に間に合うように自力で、そして当然自腹で移動しなければなりません。

  そして首都圏だけあってその選択肢が無数にあるところが地方の旅行者からすると厄介です。金額的な観点からは列車が安く2,000円以下で移動可能です。日本の誇る列車網は時刻に正確なのもポイント。ただし羽田-成田の直通列車は運行時間が限られて、乗り換えという煩雑さが必要になるケースもあります。今回私も本来なら列車での移動希望でしたが、早朝には直通列車が無いので別の手段を取りました。

  それがリムジンバスです。これは空港間を直通で結んでおり乗り換えの必要がありませんから不慣れな旅行者には楽です。ただし料金は3,100円と列車よりは高め。また座席がいっぱいだと当日満席だったり場合によっては渋滞に巻き込まれるかもというリスクはあります。

  他にも様々な方法がありますが基本的にはこのどちらかを選択すれば良いのでは無いでしょうか。

 

  さてバスで成田に到着したのが8時頃。10時過ぎのフライトまで時間があるので行きにも寄ったラウンジへ再び足を運びます。空港での乗り継ぎは時間を持て余す事も多いのでどこかラウンジが使えると楽チンです。

 

  名古屋までの45分のフライトはあっという間。

 

フィリピンで得たもの

・ダイビングのオープンウォーターライセンス

・20,000フィリピンペソ

・夜の店での苦い思い出

 

 以上なかなか楽しい旅でした!

 

f:id:haseger:20190217222547j:plain

フィリピンの美しい海。また来たいですね♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村